FC2USER089772VHUさんのランキング集計結果

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

エステートセールとデプレッションガラス ‐ 1 

kaukas-1791.jpg










タイトルのデプレッションガラスとは何ぞや、美味しいの?という方もいるかと。

私も実はその一人でした。

本当につい最近まで。

だからと言って詳しくなったわけでも全然ないんですが、簡単に説明すると。



アメリカの不況時代、1930年代から流行ったお手頃であまり質のよくないガラス食器を指すらしいです。

今となってはほぼアンティーク状態で熱烈なファンも多く、年々品薄になり値段も高騰。

最近は一寸相場が落ち着いているようですが、それでもポピュラーなものには一枚$50とかつくこともあるもの。



根強く愛された為、1970年代にリプロダクション、リコレクションとして新しい物も製造されたらしく。

お値段がかなり違ってくるので、私みたいな門外漢は手を出さないほうが無難だという認識でした。



が、昨日の朝冷やかしたエステートセールで買ってしまったんですよ。

デプレッションガラス、数種類。

1970年代のものでも、お値段があまりにも魅力的だったし、何より可愛かったし。

お店番のお家の方もそこまで詳しくなさそうだったので、質問するのも止めて、懐具合と気に入った度合だけで。

最悪でも勉強代だと思って。




で、今日はまずは試しに撮ってみた一品だけ。


kaukas-2478.jpg


kaukas-2534.jpg


kaukas-2483.jpg


クリーマーとシュガーポット、子供用サイズだそうです。

Jeanette Glass Company (ジャネット社)製造のチェリーブロッサムシリーズ。

高さ10㎝位かな、コロンと小さくて可愛い。

細工が細かいな、と思って手に取ったら桜の花と底にはサクランボ🍒

日本人、買うしかないでしょ(笑)



帰宅した後、キレイに洗って、ネットで調べもの。

どうやら子供サイズのクリーマーとシュガーポットのリプロダクションはされていなさそう。

模様のディテールから見ても、恐らく1930年代に制作されたオリジナルっぽい。

セットで$15なら初めてのお買い物としてはまずまずの戦果。



明日から多分数日は買い物したガラスのお披露目だと思います。

お付き合いいただければ幸いです。






忘れかけていた今日の猫写真。

kaukas-2496.jpg



買ってきたガラス類を出して、シンクに置いて、振り向いたら。

既にこの状態。

てた さんと黒・中毛氏がかさこそと音を立てて遊んでいた。

そっぽ向いている尻尾は多分 ぜた 。










今まで一言もなく置いておいたのに、拍手共に押して頂いてありがとうございます。
いつも励みにになっています。

スポンサーサイト

Posted on 2016/07/11 Mon. 10:51 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

あじさい 

kaukas-1906.jpg










あまり季節外れにならない内に紫陽花。上の一枚は額あじさいではなさそうだけど、なんの紫陽花だかは分からず。
kaukas-1738.jpg



こうやって見るとプロペラが密集しているようにも見えますね。
kaukas-1849.jpg 

梅雨の風物詩のカタツムリと紫陽花。

こちらではカタツムリなんて小指の先程の小さいものにしか遭遇しません。

紫陽花も日の高いうちは暑さに項垂れ気味。

気分が沈みがちだった梅雨ですら懐かしいです。












Posted on 2015/06/26 Fri. 06:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2017-10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。