FC2USER089772VHUさんのランキング集計結果

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

愛され自慢 

kaukas-4566.jpg











私、なんとも至福なことに、黒・長毛氏に愛されています。

飯炊きとしてだけど。



今朝は3時起きで仕事を仕上げたかったので、9時には就寝。

夜の分もちゃんとあげてから眠りについたはずなのに、愛されていると大変ですね。

10時と夜中の2時、二回起こされました。 



お腹がすくと黒・長毛氏、唇に吸い付く。

そういう時だけ盛大に喉を鳴らして胸に乗り、顔を両手でモミモミしながらチュチュチュチュチュ。

正直あまり嬉しくない。

我が家に来たのがほぼ生後五、六週間だから、まだ母さん猫が恋しい年頃。

ついつい甘やかして飛び起きては餌をやるのを繰り返していたので、勿論飯炊き認定。


kaukas-4836.jpg





たとえ飯炊きとしてでも ↑ こんなのに甘えられたら抗えません。

今はいいけど、後ろに見えてるベヒモス級になったら窒息しそう。



こうやってみると、彼、赤毛ですね。









おまけ。


我が家の裏庭。見事にボーボー。雑木林然としています。

ホタル、カーディナル、シマリスなどと、コウモリ、共存。

左下に見えてる白っぽいのが裏隣さん。

郊外だけど、一応都市部です。コウモリ飛ぶけど。


kaukas-4300.jpg










上の画像は枯れ木にモミジバフウの若苗。

命をつないでいく森の底。













スポンサーサイト

Posted on 2015/07/31 Fri. 09:50 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

イカゲソ-ズ体重推移 

kaukas-1971.jpg








早くも誕生後17日目で2週間も過ぎたので、体重推移のまとめ。

他の方々にはどうでもいいのだろうけど、備忘録的に。





一番小さく産まれため・さんは一番大きいせ・さんと同じペースで育っている。

ここ数日で育つペースに差が出てきているみたい。

今では一番小さいあ・さんが産まれた当初から2.5倍。

と・せ・め・さん達は約3番の体重増加。 



そう言えば産まれてから一週間ほどで性格が分かる仔がいた。

全身シマシマのち・さん。

怖がりで泣き虫。 一寸神経質かも。

威嚇してきたのはこの仔だけ。

ついでに、触っても持ち上げても母猫さんを呼ぶ。

一寸長く被写体にされていると、容赦なくぴゃーぴゃー鳴く。

母猫さんは慣れたもので、もうちょっとやそっとの鳴き声じゃやって来ない(笑)。



もう一人性格が分かり易いのが一番大きなせ・さん。


kaukas-4707.jpg



彼はおおらかでいつもご機嫌さん。

他の姉妹が大人しく横向きで眠っている時に、腹天でむぐむぐうごうごしてる。

あとどれくらいで他の仔達の性格がはっきりしていくるのか、

今思っている性格が大きくなってもそのままなのか、興味深々。











上の画像はカンナ。

パッキリと元気な黄にオレンジのそばかすが虫を誘う。

虫媒花の矜持、とか思っていたら、コウモリも受粉に一役買うんだそうで。

そういや夕方によく飛んでいるかも。コウモリ。













Posted on 2015/07/30 Thu. 07:50 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

開眼! 

kaukas-4539.jpg










ちょこちょこ時間を取られているせいか、生活のリズムが狂いがち。

毎日の計量がここ数日は隔日くらいに落ちている。

全体的には増えるだけだろうからあまり変わらないのかも。

一人を残してイカゲソ-ズ全員300g超え。



ち・さんの片目が目やにで閉じていたから、ここ二、三日は目薬をぽちょり。

今朝、今日の夕方共に大丈夫だから他の仔も大丈夫だといいけど。

で、開眼の後のお披露目。

白地の少ない仔から順に。


kaukas-4718.jpg



ふくふくな腰からの曲線が可愛いです。












上の画像は笹から零れ落ちそうな雫。













Posted on 2015/07/29 Wed. 10:44 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

あと一週間 

kaukas-4590.jpg






あと一週間で夏休み。お客様をつれてどこかへ行こうと思ってたけど、イカゲソ-ズが来ちゃったからぽしゃ。

それでも9日間のお休みは嬉しい。

怠け癖、つきそうだけど。



お日様が当たるベッドは猫達の指定席。

今日はサビ・長毛、薄錆、黒・短毛が占拠してると思ったら、サビ・短毛嬢も黒・長毛氏ものっかっていた。

サビ・短毛は薄錆のお腹のモフモフに紛れていて、黒・長毛は黒・短毛のしっぽのエクステみたいになってて気づかなかった。


そんな平和を脅かすのが母猫さん。

目隠しをしてある程度で行き来はしようと思えば出来るから、しょっちゅう脱走してきている。

イカゲソ-ズが育ったら他の猫達にお披露目されるから、どうせなら早いほうがいいと放っておいてる。

ただ母猫さん、かなり曲者。

サザエさんのテーマばりにヒトの食べ物を攫っていく。鶏肉が主だけど。

テーブルには乗るわ、キッチン・アイランドには乗るわ、したい放題。

その都度窘めているから、乗っちゃいけないのはもう分かっている模様。

でも我が道を行く母猫さん。

あと、薄錆は母猫さんが怖いらしい。食事時以外に見かけると逃げて歩いている。

どうしたものかな。




kaukas-4471.jpg




これはと・さん。


大きく伸びかえって、幸せを掴め!って寝てるけど。

そろそろみんなむぐむぐ動き始めている。

へその緒もほぼ皆の分が取れた。









上の画像はくすだまみたいで可愛かったから。

クラスペディアではなく、普通のデイジーの一種なんでしょうが、

もう識別諦めようかと思うほど、花の名前を知らないと痛感。


















Posted on 2015/07/28 Tue. 08:51 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

街歩き 

kaukas-4545.jpg











明日からは一週間キャンプ活動のため日中は拘束されるお客様。

今日はダウンタウンでお土産の買い物ついでに散策。

6年前に来た時との印象の違いなんかを聞いてみて感慨深い。

子供の6年って大きい。

お年頃特有の懸念とか、引っ込み思案とか、自分の同じ年頃のことに重ねてあんまり変わらないことにも驚く。



一日なんだかんだと言って歩き回って、帰ってきたらお昼寝?仮眠?が日課のようになっている。

基礎体力どうにかしなきゃ。



イカゲソ-ズの一番大きなせ・さん。

安定の300g超え。他の追従を許さず。

ここ数日性別を知りたくてマジマジと観察してるけど、多分せ・さんだけ男の仔。

やあねえ、失礼ねえ、ごめんねえ、と言いながら千歳飴をひっくり返してはクビをひねっている。



 kaukas-3850.jpg





今日の猫写真は黒・長毛氏。長毛というよりは準・長毛みたいだけど。

まだ子猫の名残りか、ベースがブルーグレーに茶の光彩。

光に当たるとブルーが被毛の黒とのコントラストで綺麗。

この分だと薄茶、金茶なお目々に育ちそう。

大好きなお姉ちゃん、錆・短毛嬢と濃淡違いでお揃いっぽい。














上の画像は昨日の散策中の写真。

ぬかるんでいた中、ドラム缶がレンズの交換に丁度良かった。

白黒でアップしようかと思ったけど、あまりにも殺伐としそうだったので敢えてカラーのままで。














Posted on 2015/07/27 Mon. 10:47 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

アンズ茸、今日は無かった。 

kaukas-4510.jpg











シーズンが終わる前にもう一度、と誘われて行ってきたキノコ狩り。

渋るお客様一人、家に残していくわけにもいかないから半分無理やり連れて行った。

自宅付近は雨影もなかった日が多かった週なのに、山に近くなるとやはり雨が多くなるよう。

気温は30度程とマシな方だったけど、湿度が高くて結構不快だった。



結果、惨敗。

食べられそうなキノコはイカゲソ-ズのお手々一つ分位の小さいのを二つ、見つけただけ。

野草の花を付けるシーズンも終わっているので、彩も少ない。

それでもキノコやらカエルやら、なんだかんだ面白いものを見つけて私は楽しかった。

お客様はあんまりだったみたいだけど。


kaukas-4552.jpg





大人の散策に付き合わせたお詫びに、帰りには大きなアウトレット・モールへ。

新しく買ったシャツに着替えたら気分が乗ったみたいで、嬉々としてお買い物。

良かった良かった。





おまけ。 今日のイカゲソ-ズ。


kaukas-4451.jpg




猫山風車。

時間が押していたのもあるけど、母猫さん抜きで丸く収まっているのを見て計量は断念。

お腹を優しくさすると、くるるるるるる、と小さく喉を鳴らすのがなんとも愛くるしい。












上の画像は地面を這うように育っていた何か。

葉はヒノキみたいだけど、どう見てもヒノキではない。

たーまやー。かーぎやー。見つける度にぶつぶつ言っていて変な顔をされた。














Posted on 2015/07/26 Sun. 08:06 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

ヴィンテージ雑貨・キャンドルホルダー 

kaukas-8619.jpg











痛みも腫れもないけれどやはり口内からの感染症はきついのかも。

抗生物質飲んでいるのに体調がすぐれない。

早めに帰って来たのに、仮眠を取って仕事での電話連絡などして気づいたら日がもうとっぷり暮れていた。

まだ仕事残っているんだけどな。



イカゲソ-ズの眼もまだ完全には開ききっていないし、今日は最近の買い物の報告。

スリフト・ストアやアンティーク・モールを冷やかすのが好きで、家人に笑われるような買い物をする。

一寸珍しいものを安く見つけると、たとえセット物でも思わず買い込んでしまうから。

何か探している時などはオークション・サイトなども利用して好みのものがお手軽な値段で出るのを待つ。




今回は白磁、エンボス加工をされているロールストランド (Rörstrand) のキャンドル・ホルダー。

猫がいるからキャンドルは灯さないのだけれど、縁が高いティー・キャンドル用だしいいかなと。

kaukas-4442.jpg





火を灯してある小さいのが一つ、後ろに見えている大きいものが二つ、合計三つのセットで$30.00。

大きい方は高さ10㎝、直径10㎝と結構サイズがあるから小さい方が使い易いとは思うけれど。

未使用らしい綺麗なコンディションなので破格の値段だと思う。

一寸調べたら、70年代か80年代に作られたGunnar Nylundの作品らしいけど、定かではない。


こちらも可愛らしいので一寸迷ったけど、見かけたことが無いから取り敢えず買ってみた。

火を灯したものを見たら、少し残っていた罪悪感が吹っ飛んだ(笑)。





おまけ。

kaukas-4319.jpg




め・さん。背中に白地図の人。

猫の口元が個人的にはツボなので、この写真は垂涎ものです。はい。

もうすぐ250g。ハンバーガーに良いサイズ。










上の画像はネバダにあるバレー・オブ・ファイアー州立公園(Valley of Fire State Park)。

たまには草木以外のものをと思ったけど、草木以外のものあんまり撮っていないので。
















Posted on 2015/07/25 Sat. 11:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

巣籠り卒業 

kaukas-2374.jpg









猫の朝ごはんの後一番にするのが恒例になっているイカゲソ-ズの計量兼撮影会。

今朝は母猫さん一人でフリースの上で寛いでいた。

覗かれていると気づいた後、おもむろに巣へ入っていく母猫さん。

猫山を築いている千歳飴を鼻先でかき混ぜて一鳴き。

途端にうごめき始め巣から這い出すイカゲソ-ズ。

足元は覚束ないながらもそれなりに統制された動きで率先してフリースの上の母猫さんへ。



巣籠もり卒業。

手狭になった段ボールは捨て置き、オープンな床の上。

後ろ足はまだまだだけど、前肢は結構しっかりしてきている。

5匹中4匹は完全に開眼。最後の仔はまだ片目が開かない。



もう一つ初めてやってみたこと。


kaukas-4316.jpg




威嚇(笑)。

カメラをもって近寄った時、一番初めに発した音が、シャー!

まだ猫には見えないけど、猫科の何かには見えるようになってきた。












上の画像はツユクサ。

涼し気な浴衣姿のうなじに見えませんか。

緩やかな曲線を描く蕊が粋。











Posted on 2015/07/24 Fri. 09:22 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

お客様到着! 

kaukas-1786.jpg









今日は有給を取ってお客様のお出迎え。

当面のおやつや日常必需品の買い出しなど、一日を頑張って消費中。

時差ボケ対策。

まだ数時間は起きていてほしいので、我が家の全猫の紹介を丁寧に。

流石に13匹もいると、紹介するだけで一仕事。

イカゲソ-ズのあまりの小ささに、錆・短毛嬢と黒・長毛氏の可愛さがくすんでるみたい。

本当はこの仔達が一番遊びたい盛りで可愛いものなんだけど。

確かにナノサイズは物珍しいから分かる気はするけど。



それでもまだ時間が余りそうだから、あと3時間くらい何をするかな。

頂いたお土産のチョコレートでお茶にでもしようかな。

楽しみにしていた頼んでいたお土産は、しっかり辛いマスタード、甜菜糖のシロップ、チーズ。

暫くは美味しいきゅうりのサンドウィッチが作れる!

…と浮かれるも、今は歯無しで食べられないのを忘れてた。

がっくり。












上の画像はオオキンケイギク?

淡い黄・単色で可愛らしい。












Posted on 2015/07/23 Thu. 07:16 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

イカゲソ-ズ・お目見え・め 

kaukas-1763.jpg











今日はイカゲソ-ズ最後の仔、”め”さんの紹介。

kaukas-3966.jpg





今日はもう誰よりもぱっちり目が開いていたのに、今日の画像はボケたのばかり。

まだ見えているのかは甚だ疑問ですが、前進せよ、との決意の色は見えますね。

ちなみに二日前はこんな ↓ でした。



kaukas-3818.jpg



一番小さく産まれ、背中には大きく白地の世界地図。

目が開いたのは二番目でも、大きくぱっちり開いたのは一番最初。

今日はイカゲソ-ズ全員200g超え初日の中、一番小さいのから1g差で二位。

一番大きい”せ”さんの274gと較べるとかなり小柄な205gですが、産まれたてほやほやと較べると100g増です。



ナノサイズのイカゲソ-ズの紹介が終わったところで、一番の立役者。

kaukas-3996.jpg


アイラインくっきりの美人母猫さん。

”ち”さんとツーショット。

本当は彼女にも名前をつけてあげたいんだけれど、付けちゃったら手放したくなくなる。

甘える時にかなり強く噛む癖があって、そのせいで恐らく叩かれて育っている。

不憫で手元に置いておいてあげたい。

里親探しも恐らく難航するだろうし。

でも、白の人ととても折り合いが悪い。

耳の聞こえない白の人は母猫さんの威嚇が聞こえずに少し踏み込みすぎる。

母猫さんはおかげで常に戦闘モード。

イカゲソ-ズが離乳してから様子を見ようかな。











上の画像はキク科の葉っぱ。

花や実が付いていないと識別が難しいですね。













Posted on 2015/07/22 Wed. 08:33 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。