FC2USER089772VHUさんのランキング集計結果

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

かえる、再び 

kaukas-1759.jpg









夏も本格的にらしくなってきているので、雷雨が多い。

夕立ちの様にあっという間に降りだしてさっさと止むのはいいのだけど、雨量が違う。

この間かえるの卵を発見して、おたまになりかけているのを確認した夜、酷い雷雨に見舞われた。


かえる、葦が暫定的に入っている容器の中に産卵し、まだ孵化しきっていなかったので浮いたままの卵。

結構な数が流れたと思っていた。


そして先一昨日、又新たに2か所に産卵されて、昨日の朝にはもう孵化寸前だった。

で、昨日の夜も雷雨。


またしても流れちゃったかな、と思って覗きにいったら、実は最初の産卵時の生き残りが居たみたい。

孵化したばかりのちっこい2mm位のクルクル動くおたまに混ざって、7mm位の大き目のおたま。

後ろ脚がもう生えていた。

このまま行けばかえるも増えるかもしれない。


6月中旬、三尺ささげを植えてある大型プランターの縁に白っぽいグレーのかえるがいた。

トノサマガエルに近いサイズだけど形はいぼいぼのアマガエルで、色は白がちのグレー。

カメラを取りに行って戻ったらもういなかったので写真は無いけど。

多分彼女?のおたまなんだろうな、思ってちょっと調べてみた。


どうやらこちらでは珍しくないハイイロアマガエル (Hyla versicolor)で、日本アマガエル(Hyla japonica) と似たような種らしい。

鳴き声も近いので多分あっていると思う。

本当にネットって便利。

というか、アマガエルが 樹上性カエルだとはとんと知らなかった。


ここはそれなりに大きな都市なのに、街中にも自然が豊かなのが珍しい場所。

雑木林の数がかなり多いし、小さくても良く整備されたハイキングトレイルがどの地区にも数か所はある。

アメリカでは何処にいても見かけるリスの他にも小動物や鳥が多い印象だったけど、両棲類も街中にいるんだと驚いた。

そう言えば、どこの水辺に行っても亀もいたしね。

両棲類がいてもおかしくはないよね。

あまり昼間に姿を見せてくれないのが残念なので、今度は夜に懐中電灯を持って庭に探しに出てみようと思う。






今日の猫写真。


kaukas-2626.jpg


よく見ないと見分けがつかない位に育った黒・中毛氏、左がわ。

右が元祖黒猫ぼうやの黒・短毛氏。

触るとガチムチなのが黒・短毛氏、頭も大きくて毛はすこしこわい。

若い黒・中毛氏の毛質は柔らかくシルキー、頭も一回りくらい小さい。

最近は兄さんに戦いを挑むんだけど、軽く躱されていて立場がない。

いたずらが過ぎると簡単に押し倒されて首元を咥えられてしまう。

その内立場が逆転する日がくるのかしら。

それはそれで一寸寂しいかも。


後ろに写っているのは私のサンダル。

猫が咥えておもちゃにする、っていうのがリビングのど真ん中にあることの言い訳。










今日もお付き合いありがとうございました。

Posted on 2016/07/21 Thu. 12:34 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« 育ててもらっているもの  |  スリフティングとエセ自己分析 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaukas.blog.fc2.com/tb.php/143-bb621508
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。