FC2USER089772VHUさんのランキング集計結果

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

スリフト戦果・オールドパイレックスとファイヤーキング 

kaukas-2716.jpg













スリフト巡りについて書いていた時に今まで何故アメリカのヴィンテージ物に手を出してこなかったかを書いた。

下の写真が理由の一つ。


kaukas-3398.jpg


↑が前から見た図。

↓が後ろから見た図。


kaukas-3397.jpg



オールドパイレックスのデイジーの記事を書いた後からだから3週間位の間の戦利品?

そう思って今日付をチェックしたら8月1日に書いたばかりだった。

と、いうことは、ここ2週間強でこれだけ買い物したことになる...?え?

いくらほぼ毎日パトロールへ行っているとは言え、ちょっとこれは酷い。

テーブルの上に集めてみて、これだからアメリカ物に手を出したくなかったんだと再確認して愕然とした。

っていうか、実はもう少しあるけど、写真に撮ってない。


一つ一つについて書いていると雑記ブログというより雑貨ブログになりキリがなさそうなので、簡単に二つか三つに分けてみる。

今日は取り敢えずファイヤーキング。



アメリカでは一部のアイテムやカラーを除いたらパイレックスよりは人気が薄い印象のファイヤーキング。

パイ皿やキャセロール、カスタードカップなどはパイレックスよりも良く目につく。

比較的見つけやすいアイテムの一つであるピーチラスター。


kaukas-3406.jpg


カスタードカップが好きなので、ミルクガラスの物が欲しかったのに、なかなか出会いが無かった。

ある日いきなりピーチラスターが5つまとめて4ドル50セントで出ていた。

内側はともかく外側の状態がそこまで良くなく、細い縦線状に色落ちしている。

全体的に色も薄くなっている。

それでも貝の内側のようにとろみのあるミルクガラス特有の白に負けて買って帰って来たもの。

この他にもローフパンと長方形のキャセロールが同じピーチラスターで出ていたのだけど。

使い道があまりないのと、外側だけでなく内側の状態も悪くカケもあったのでそちら2品は見送り。


kaukas-3410.jpg


ピーチラスターものには珍しくないという刻印のミスプリント。

どこをどうやったら半分さかさまで半分普通にプリントできるんだろう、と逆にその器用さに感服。



次。カスタードカップ繋がりでフィルビー、サファイアブルーのカスタードカップ。


kaukas-3404.jpg


フィルビーは大きなものしか見つけておらず、マグ(見つからないだろうけど)とカスタードカップを探していた。

スリフトで1つ99セントで2つ見つけたので何も考えずにほくほくで買って帰って来た。

今日やっと写真を撮り、アップする段階になって刻印をみたら、一番古いと言われる1940年代中期の刻印。

シンプルなブロック体でFIRE-KING OVEN GLASS、とある。

刻印自体の写真は撮っていないけど。

気泡多いしヨレもいくつか目立つので古いものだとは思っていたけど、本当に古かった。

これはもう少し数が欲しいから、同じ年代のものでなくてもいいからこれからの出会いに期待。



次はアンバーガラスのバレルマグ。


kaukas-3421.jpg


ときにレンジャーマグとも呼ばれるこのマグ、容量が350mL近くあるだけあって結構重い。

マグというより小さいビールジョッキに近い様な(笑)

刻印は1960年後期から1970年中期まで、ファイヤーキング商標最後のあたりのもの。

アンカーホッキング、碇とファイヤーキングのロゴ全部が入っているもの。

本当は買うつもりではなかったのだけど、このスリフトの生活雑貨はとても安くて。

マグやコップなどには15セントの値がついて、ひと月以上売れないと更に40%オフとかになる。

これは一つ25セントだったので安さに負けた。



最後にオマケ的なアイテム。


kaukas-3438.jpg


オーブン料理を作ったあと、可愛らしい丸形キャセロールをテーブルでサーブできるように使うトリベット(鍋敷き?)。

パイレックス、グラスベイク、ファイヤーキングはアイテムの形が良く似ている。

キャセロールの蓋などはやはり雰囲気が合わなかったりするけど、鍋敷き位なら十分交換性がある。

パイレックスのキャセロールしか持っていないのだけど、ガラスのトリベットがあってもいいかと買ってきた。

一つ3ドル77セント。


この他にもアンカーホッキング社のミルクガラスのマグ(ファイヤーキングのDハンドルマグではない)やら、

グラスベイクのミルクガラスのカスタードカップ(こちらは写真にチラりと写っている)やらもあったりする。



ここ二週間程は収穫が少ない、とか思っていたのに、実はそれなりに買い物してるじゃないか!と。

もの凄い勢いで増殖している食器類、安いから財布には優しくてもスペースが辛い。

カスタードカップ、一体いくつ集めるの、と家人も少々あきれ気味(笑)。



明日は上の写真に載っているオールドパイレックスのことをちょっと。

今日は本当は黒・中毛氏の写真のはずだったんだけど、お休みします。

又の機会にでも…。





今日もお付き合いありがとうございました。

扉の写真は植物園の散歩道。苔、目に沁みるほど蒼が鮮やか。

Posted on 2016/08/14 Sun. 12:02 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« スリフト戦果2・オールドパイレックス  |  初めての糠漬け »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaukas.blog.fc2.com/tb.php/165-683959fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。